Posted in 英語を使う職業

トレーダー

トレーダーとは?

トレーダーというのは、売買の取引仲介を行う仕事です。
経済市場をよく理解していないと務まらない仕事ですし、常に情報を得て経済動向を確認し、様々なアンテナを巡らせておくことも必要です。

このトレーダーになりたいという人がほしいスキルといえば、経済について興味をもてるかどうかという点です。
特に資格などは必要ない業務です。
スキルや知識は経験によって少しずつつけていくことができますが、より高いレベルのトレーダーになるためには、色々な要素が必要となります。

例えば外国の情報を得て理解し、自分なりに分析するという力も必要です。
そのためには英語力も必要となりますし、英語で時事ニュースや経済を把握するという力も必要になります。
いち早く現地の経済状態を把握するということは、トレーダーにとっていい予想ができるということにつながるからです。

英語と数学に強くなる事の強み

英語や数学が強いトレーダーは、判断力のスピードに差がでます。
いちいち計算したり、英語を読み取る時間が必要となると、お客様にとっていい情報をスピーディに伝える事が出来なくなってしまいます。

英語に関していえば、海外のニュース、webサイトのニュースなどをいち早く英語で読み、いち早く数学の能力を使って分析できるということが必要となるのです。
最近は機関投資家も多くなっていますので、国内で活躍するトレーダーであっても、英語力があることは非常に大きな強みとなります。

コミュニケーション能力を持っているということ

企業で活躍するトレーダーの多くが、コミュニケーション能力が高いです。
トレーダーといっても企業で働く方々に関しては、社内のトレーダーと情報交換し、連携して業務を進めていくことが必要となります。
顧客に対し個別株の動きを情報として伝えるということもしなくてはならない事ですし、運用状況に関して報告することも必要となるので、コミュニケーション能力を持っているということはトレーダーにとって大きな武器となるのです。

人とコミュニケーションをとることで、そこからより一層情報を得ることができるようになり、専門的知識も得るチャンスがあるかもしれません。
人と人との付き合いを大切にするということも、トレーダーとして欠かせない事なのです。

結果を追求できる心

トレーダーとしてのスキル、知識、技術、さらに情報を得る事、コミュニケーション能力をつける事、そのほかに、結果を最終的にしっかりと求める事ができるかどうかということも、関わってきます。
実力主義の戦いの中でも、常に上をめざし、結果を出すことを念頭に仕事ができる人、そういう人にならないとトレーダーとして活躍できないのです。