Posted in 英語を使う職業

米国証券アナリスト

投資のスペシャリスト

米国証券アナリストは、投資のスペシャリスト。
世界経済や株式、企業などの財務状況データを分析して、ファンド設定や管理・運用・投資などのアドバイスを行う職業です。
資格を取得して、米国証券アナリストとなります。

資格取得後には、証券会社や銀行、信託銀行や保険会社などなど。
様々な場所で活躍することができます。

簡単に言えば、「投資のプロ」です。
世界経済の動向を常にチェックし、最新の情報を収集し、投資に関するアドバイスを行っていきます。

米国証券アナリストはかなり高度な専門職で、年収は600万円以上と言われています。
専用のスクールがあり、資格取得を目指しますが通信教育などもあります。

米国証券アナリストになるには

米国証券アナリストの養成スクールや通信教育があります。
そこで、必要な知識を身に着けてから試験を受けますが、試験は金融や経済、産業などの動向で、日本証券アナリストとほぼ同じです。

資格試験は各国で実施されています。
日本でも受験可能ですし、留学中でも可能です。

受験資格があります。
まず、4年生の大学を卒業していること、もしくは証券アナリストとして金融機関で働いた経験があることです。

登録してもらうためには専門的な実務経験が3年以上必要です。
世界経済の動向に関心を持っていることは第一ですが、膨大な数字やデータを解析・分析しなければいけませんから、柔軟な方が向いているといえます。

米国証券アナリストになる近道

米国証券アナリストになるための近道をご紹介しましょう。
まずは大学を卒業し、知識を身に着けてから資格取得、そこからの話となりますが、「アシスタントとして働く」これが一番の近道です。

アナリストのアシスタントとして働き、数年間の下積みをしておくとアナリストに抜擢される可能性があります。
また、転職時にも有利な条件となるでしょう。

中堅証券会社はハードルが低く、大手とは違い就職しやすいといえます。
大手のほうが、米国証券アナリストになれる可能性は高いですが、出発地点としては最適です。

証券アナリストとしての経験を積み、転職を考える。
この方法が、一番プロの米国証券アナリストになれる可能性が近い道だといえます。