Posted in 英語を使う職業

入国審査官

入国審査官はどのような仕事なのか

英語を活用する仕事はたくさんあり、国内でも、英語ができるということは就職や転職に大きく影響します。
入国審査官も、業務上、外国人との関わりが多いため、コミュニケーションをとれる英語力が必要となります。

入国審査では、入国期間や目的などを問い、入国する許可をしてもいいのかどうかを審査しますが、この時、英語でのコミュニケーションが取れないと仕事にならないのです。
審査業務を円滑に行うためにも、英語力は必須です。
もしも入国する外国人が違反を犯している場合でも、不法滞在に関しての知識を持っている事、また外国人とコミュニケーションをとりながら、審査しなければなりません。

英語そのほかの言葉をマスターする人も多い

航空座席

日本国内に入国してくる人は、英語を話す人ばかりではありません。
最近は中国の方も韓国の方も多くなっていますし、イタリア、スペインなど、英語圏ではない言葉を話す方も多くなっています。

そのため、入国審査官の中には英語のほか、別の外国語をマスターするために勉強に励む方も多いです。
入国審査官は様々な国からくる外国人に対応することが必要となるため、英語のほかにもう一つ、扱うことができる言語を持っていると、就職、転職の際、役に立つのです。

文化や時事に通じていることも重要

英語でコミュニケーションをとったり、そのほかの言語でコミュニケーションをとるということも必要で、日本語以外の言語を話すことができるというのは、入国審査官に必須の事となりますが、そのほか、海外の文化に精通している事、また、時事についての情報をしっかり得ていることも必要です。

海外の情勢について詳しい知識を持っていれば、適格な審査に結びつきます。
ニュースなどをチェックし、その国で今、何が起こっているのかということをしっかり理解しておくことも重要なことです。

また日本とは違い他国の多くが、宗教に沿った生活が行われています。
そのため、宗教に関する知識などもしっかり得ておく方がいいでしょう。

入国審査官の語学研修

入国審査官の新規採用者について、最初から高い英語力やそのほかの言語能力、また情報などを持っているということを求めているということはありません。
通常、採用当時、語学力に不安があるということでも情報にたけているなど、そのほかの要素で雇用する判断が付くこともあります。

採用後、研修が行われますが、ここでは英語、中国語、韓国語など、入国してくる人が多い国の言語に関して研修が行われ学ぶことが可能です。
言語の習得と共にコミュニケーション能力をしっかり磨き、入国審査官として確固たる働きができるように頑張っていきましょう。