Posted in 英語力を付ける方法

英文学を読む

おすすめしたい作品

本

英文学でおすすめの作品といえば、やはり「赤毛のアン」です。
ルーシー・モード・モンゴメリ作の英文学で、知らない人はいないほど有名な作品です。
洋書と翻訳では、少し違いがあるので読んだことがないという方は比較してみてはいかがでしょうか。

映画化もされている「高慢と偏見」もおすすめです。
イギリス社会における、男女の性差を描いている作品で、恋愛索引が好きな方にはとてもおすすめ。

17世紀以降のイギリス社会を見ることができるので、イギリス好きな方にはたまらないお話です。
作者は、ジェーン・オースティンです。

そして、名前を知らない方はいないと言っていいほど有名な、ウィリアム・シェイクスピアの作品、「夏の夜の夢」はブロードウェイでも上映された名作。

妖精や魔法などが登場して、当時のとても面白い喜劇を楽しめる本です。

翻訳されているものもありますが、それを読んでも難しいと感じるので、和訳するにはとても時間がかかるかもしれません。
でも、中々の臨場感で楽しい作品です。

難しい単語に慣れていない方におすすめ

英文学は、「英語の語彙が足りない」という方におすすめしたい英語の勉強の仕方です。
語彙を増やさないことには、ネイティブに話をすることができません。

言い回しや、難しい言葉を言われて聞きなおすようではいくら英語が話せても意味がないのです。
語彙に慣れるには、英文、特に長文に慣れていくことが大切です。

多読を意識して、英文サイトや英字新聞、英文学を活用しましょう。
また、英文学は難しいものからかなり初心者レベルのものまであるので、どんどん読んで数をこなすことが大切です。

ビジネス英会話にはビジネス書がおすすめ

英文学も良いですが、出張や永住などでビジネス英会話力を身に着けたい方には、ビジネス書をおすすめします。
海外のビジネス書は、キュレーションされていることが多く翻訳されたビジネス書であれば英語の勉強になります。

海外ビジネスを知りながら英語力を身に着けることができるので、まさに一石二鳥です。
ポイントは、知らない単語でも辞書を引かずに読み進めること。

前後の文章で理解して、それでも不安な時には翻訳本を読み返し理解していく。
これを繰り返すことで、ビジネス英会話に自然と慣れていきます。