Posted in 英語を使う職業

英語ベビーシッター

赤ちゃん大好き、英語が話せるのなら英語ベビーシッター

赤ちゃん、子供が好きで将来シッターさん、保育士さんなどになりたいという夢があるのなら、英語力を磨いて一つ上のランクを目指してみるのもいいでしょう。
たとえば、英語ベビーシッターです。

ベビーシッターというのは、仕事で忙しいご家族に変わってお子さんのお世話をするという責任ある仕事です。
そこにプラスして、英語をお子さんに教えながらお世話をする英語ベビーシッターの仕事を目指してみるのもいいでしょう。
英語ベビーシッターは、お客様に依頼を受けてお仕事に伺いますが、最近は国際的な考え方を持つママも多くなり、グローバル社会に対応できるようにと、英語ベビーシッターを依頼する方が多くなっているのです。

どんな仕事?

ハート

英語ベビーシッターは、シッターとしてお子さんの面倒を見る時、英語を利用して面倒をみます。
慣れてくると英語に反応する赤ちゃんですが、慣れていない時は手振り身振りを添えて赤ちゃんが言葉以外でも理解できるように、英語を話します。
すると赤ちゃんは保護者の方々が利用する日本語と、英語ベビーシッターが利用する英語を自然とわかるようになっていきます。

留学経験がある、帰国子女である、またバイリンガルであるという方などが英語ベビーシッターとして活躍されています。
勿論英語ベビーシッターには海外の方も多く、アメリカなどの英語圏の方が好まれることも多いのですが、保護者の中には赤ちゃんと意思の疎通ができない時に、日本語で接してほしい、赤ちゃんの様子を日本語で丁寧に知らせてほしいということで、日本人の英語ベビーシッターを依頼してくることもあるのです。
もちろん、英語を教えるといってもシッターという役割がありますので、子供と遊ぶ、勉強の時間には勉強させる、おやつを作って食べてもらう、お昼寝をさせるなどの育児業務も行います。

英語ベビーシッターになるためには

最近こうした英語ベビーシッターが多くなっているため、ベビーシッターの派遣会社の中に、英語ベビーシッターを募集していることも多くなっています。
今のところ都市圏、特に東京で需要が高いということなので、もし、英語ベビーシッターとして経験を積みたいということなら、東京などに仕事を求める方がいいでしょう。

英語力に自信がある、また保育士の免許を保有されているという方は、ベビーシッターのマッチングサイトなどを利用して、お客様を自ら見つけるということも、働く一つの方法です。
英語以外でも最近はフランス語、中国語、韓国語など様々な言語のベビーシッターさんが求められるようになってきていますので、情報誌などをまめにチェックしておくといいでしょう。