Posted in 英語を使う職業

ウェディングプランナー

ウエディングプランナーは英語で仕事の幅を広げる

帰国子女の大学生のいいアルバイト先というと、塾、家庭教師、そしてウエディング系のアルバイトと聞いたことがあります。
日本国内で海外の方の結婚式が行われることもあり、この時、英語の力は役に立ちます。

海外から日本へ働きに来ている外国人の方も多いですし、国際結婚されるカップルも多くなっています。
外資系企業が多くなり海外の方とのかかわりも多くなっている日本では、色々な施設に英語力を持っている人が求められていますが、結婚式場もその一つです。

国際化が進む中、英語力をつけるということは転職や就職に有利になるほか、職業の幅、チャンスを大きく広げるということにもなるのです。
国際結婚の場合、お式は海外で行って日本では結婚披露宴やお披露目など行うことが多いです。
そのため、ウエディングプランナーも英語力が求められるようになってきています。

ウエディングプランナーは文化もよく知っておく必要がある

ウェディング

海外の方のウエディングを取り仕切る場合、英語力を持ってコミュニケーションできるということと、その国の文化を理解しておくということも必要となります。
結婚式や披露宴では、各国、タブーとされることもありますし、行っておくと幸せになるということもあります。

これは誰もが知っている事ですが、日本では花嫁以外白い衣装を着ていくことがタブーとされています。
このように、海外でも結婚式やおめでたいことに関して、タブーとされていることがあります。
各国全てとは言いませんが、担当する海外カップルのお国について、文化や規則、礼儀やマナーを知っておくということも大切なことなのです。

英語の表現力を身につける

英語は世界共通語です。
日常会話ができるということは、ウエディングプランナーにとって当たり前のことで、それよりも上のレベル、ウエディングなどに関する専門用語を覚えておくことが必要です。

海外の方の中には、文金高島田で挙式したいという女性もいます。
そんな時、お式にどのようなしきたりがあるのかを花嫁さんに伝えておくことが必要ですし、日本式のウエディングを表現力豊かに英語で伝えられる方が、より花嫁さんにイメージがわくでしょう。

英語を話せるウエディングプランナーとなれば、海外でその専門知識を活かし活躍できるということも夢ではありません。
英語力をつけ、またウエディングのプランのスキルを磨くことで評判のウエディングプランナーとなれたら、その先にもっとグローバルな活躍ができるウエディングプランナーとしての舞台が待っているかもしれません。
花嫁さん、またご家族の方としっかりコミュニケーションが取れるように英語力をしっかり磨いておきましょう。