Posted in 英語を使う職業

パイロット

男の子の夢?パイロット

空

小さい頃に、将来何になりたいですか?と先生から質問を受けると、
男の子の中に一人は、パイロットと答える子がいました。大空を自由に
飛びまわるかっこいいパイロット、女性としてもパートナーが
パイロットだったら自慢できるでしょう。
 
そんなパイロットとして働くにはある程度のレベルの英語力は必須です。
パイロット採用試験の際、多くの企業がTOIECのスコアなどを確認しますし、
選考途中に英語の筆記試験を行うというところがほとんどです。
企業によっては、英会話の本格的な試験を行うこともあります。
流暢に話ができるということは必要ないと思いますが、まったく
英語ができないということになると、面接の前に落とされてしまう
可能性すらもあります。
 

海外で受ける訓練

パイロットになるために、先ず企業に就職することになりますが、
入社してからその先、海外で研修、訓練等を行います。そこでは
各飛行機会社によりますが、例えばある会社では、外国人教官による
訓練が行われますし、TOIEC650点が目安といわれます。そのくらい、
英語力は必須とされることで、より高いレベルの英語力を
持っている方がいいのです。
 
これからパイロットになりたいと考えている方は、なるべく
時間があるときに、英語の勉強をしておくことが求められます。
英語がしっかり頭に入っている状態で、試験に臨む方が、
パイロットとして雇用されやすくなるでしょう。
 

生活の中に英語が必須となる

実際は、企業に入って実際にパイロットになってから、より一層、
英語が近い存在となります。旅客機を操縦する場合、空港の
航空管制官の指示に従い、飛行機を離陸、着陸させますし、
飛行機の着陸が込み合っている時には、着陸態勢のまま、
待つということも必要となるのです。

緊急の場合もありますし、即座に英語で指示を受けて理解し、
行動に移すということが必要となります。即行動に移すためには、
勿論英語が堪能でなければ無理ですし、高度変更の指示なども
聞き逃すことなく英語の指示に従うことが必要となるのです。

勝手に操縦できないため、航空管制官とのやり取りは重要です。
本当の緊急時、例えば不時着が必要とか、緊急トラブルが
発生したという以外、英語を利用します。管制官が日本語で
どうぞなど指示がない限り、すべて英語です。
業務に必要な英語に関しては入社以後習うことも可能です。
でも、パイロットの仕事は仕事以外、そのほかの部分でも
日常的に英語を利用する事が必要で、またそうしていないと
いざというとき業務に差し支えることも出てきます。
 

アメリカに留学して航空業界を目指す

先の記述通り、パイロットは海外で研修や訓練を受けることが
多いので、学生のうちから海外に渡って航空学やパイロット技術を
学ぶ人も居ます。例えばアメリカの大学では、航空学を専攻する
学部も多く、日本人の受入制度を設けてる大学も少なくありません。

アメリカで航空学を学ぶメリットとして挙げられるのが経済性です。

トレーニング1時間あたりの費用が日本では通常4〜5万円になるのに対し、アメリカの大学では100ドル(9500円)前後となる(ネブラスカ大学カーニー校の場合。指導料込み)。
引用:航空学(パイロット)|選考解説|アメリカ留学

1トレーニングを行うのに日本とアメリカではこれだけの差がでるのです。
経済的に考えても同じ金額でトレーニングを多く出来たほうが、
確実に実力を伸ばしていけるのでアメリカ留学をするというのもひとつです。
 
また本番さながらの雑音交じりの無線交戦を行うことで、
ネイティブな英語の聞き取りを学ぶこともできるようになります。
パイロットになる勉強と英語の勉強を同時進行で行え、
さらに実戦形式の勉強を続け航空学を身につけて、
一流のパイロットを目指してみてはいかがでしょうか。

更に具体的なアメリカ留学の方法を知りたい方は以下のサイトで確認してみてください。
サイト:アメリカ留学ならNCN米国大学機構

また、アメリカで学生生活を送るには、英会話の修得が不可欠なので、
渡米前にある程度の英語力が必須となってくるでしょう。
英語のみでパイロットに必要な技術や知識の修得するのも
難関であるため、日本でパイロットを目指すよりも
ハードルは高くなると考えて構いません。
 
英語に若い時から親しんでいるということが、
就職や転職に非常に有利になる事は間違いありませんし、
仕事を行っていく上でも、英語が強い味方になるということを
理解し、学生の期間にしっかり英語を勉強することが
必須となるのです。