Posted in 英語を使う職業

客室乗務員

学校選びからはじめよう

客室乗務員になるには、専門学校や大学、短大へ通う必要があります。専門学校では、客室乗務員養成を目的とした学科があります。フライトアテンダントコースなど、様々なコース名から選択することが可能です。

専門学校、大学、短大を卒業すると、客室乗務員の人材派遣会社に登録をして、社員研修を行い客室乗務員になることができます。派遣会社または航空会社の採用試験に合格し、研修を受けてこそなれるお仕事です。

下記サイトは有名な、客室乗務員養成専門学校のインターナショナルエアアカデミーです。創立から30周年が立ち、伝統と歴史ある信頼の高い専門学校です。

>>インターナショナルエアアカデミー

短大卒業の資格を取得することも可能。体験入学へ行くとと自由に見学をすることもできます。このほかにも、客室乗務員を目指せる航空大学や専門学校は少なくないため、住まいから通いやすい学校を選ぶのも手でしょう。オープンキャンパスの検索サイトなどを使うと、見学や体験入学ができる日取りを調べられるので便利です。

客室乗務員に求められること

客室乗務員は、キャビンアテンダントとも呼ばれていますが、航空会社に勤め飛行機内で働くお仕事です。キャビンアテンダントに求めれることは語学力やマナーは当たり前ですが、体力やコミュニケーション能力、姿勢や歩き方など客室乗務員にしかない必要なことが決まっています。

国際線でも国内線でも、英語力は多少必要です。乗られるお客様の要望に出来る限り答えること、それがキャビンアテンダントの仕事なのですから、言葉がわからないようでは意味がありません。

常に飛行機の中を歩きながら、笑顔を絶やすことなくサービスを提供する、それが客室乗務員です。機内の中は常に揺れています。そこを歩くとなると、体力勝負です。

国際線は時差もありますから、体調管理を怠ることはできません。サービスを提供するプロとしての、技術、コミュニケーション能力、マナーも大切なお仕事です。

将来のキャビンアテンダント

航空業界は拡大を広め、競争が激しくなっています。大手航空会社は、コストダウンの意識が強く客室乗務員も、入社3年間は契約社員として採用するといわれています。

客室乗務員

4年目以降にやっと正社員になれるのが一般的で、収入面もあまり良くはありません。ですが、サービスを重視している航空会社では重要なポジションです。収入をあげられるかどうか?どの航空会社に勤めるかなど目標が定まっていたら、スムーズに夢に繋がる道を切り開けるでしょう。