Posted in 英語に関する資格・試験

TOEICについて

世界共通

TOEIC(トーイック)とは、英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価するための、世界共通の英語のテストです。
英語は多くの世界で公用語として使われています。

国際化してきた現代のビジネスの世界では、就職の際にTOEICの点数を重視する企業が増えています。

TOEICの特長といえば、「スコア評価」だということ。
評価基準が永遠変わらず、自分の総合的な英語力を判断しやすいテストだといえます。

英語は、全国150か国で利用されています。
最もスタンダードに使用されている言語だからこそ、世界的にも注目されているのです。

英語能力の総合評価であり、コミュニケーション能力の平均的な判断ができる試験でもあります。
合否ではなく、スコアで評価されるため、何度チャレンジしても構いませんし、年齢制限もありません。

TOEICテストは、10点~990点までのスコアで評価されます。
常に評価基準を一定に保つために、統計処理が行われています。

英語力が上がらない限り、スコアも上がりません。
これによって、現在の英語能力を正確に判断することができます。

また、目標となるスコアも明確に決めることができます。
TOEICの平均的なスコアについては、こちらを確認しましょう。
>>TOEICテスト

グローバルスタンダードな試験だからこそ、今現在、自分はどれくらいのレベルにいるのか?がよくわかるでしょう。
TOEICテストでは、英文和訳などの技術ではなく、どれくらい英語でコミュニケーションが取れるか?で判断されます。

世界では年間で700万人が受験をして、日本では240万人が受験しています。学校や団体、世界各国の企業などで様々な目的で活用されている、試験です。

どういった場面でTOEICの試験を受けるのか

ライティング

たとえば、学校では授業の効果を計るために学生が受験をします。
英語課程の単位認定の基準に含まれていたり、大学の推薦入試の基準として決められていることもあるでしょう。
TOEICの試験を年に1度必須としている学校もあります。

企業においては、自己啓発のために受ける方もいれば、社内研修の一環として試験を受けさせる企業もあります。
ほとんど、昇進昇格の条件になっていることが多く、海外出張や駐在の基準となっている場合も。

新卒で採用された社員の英語力を計るために行う企業もあります。
企業によって、多種多様です。

TOEICを受けたほうが良い理由

グローバル化が進む日本では、もはや英語は必須の言語です。
英語でコミュニケーションが取れなければ、使える人材とは呼ばない企業もあります。
「英語は当たり前」になりつつあるのです。

進学や就職など、様々な場面でTOEICが重視されます。
今、自分の英語力はどのくらいなのか?
自分では中々判断がつきにくいものです。

TOEICは、合否ではなくスコアで詳細的に英語力を評価してくれるので、客観的に自分の英語力を見つめることができます。
このTOEICは別名、英語のモノサシとも言われています。

事細かに英語力を判断してくれるので、話す、聞く力を判断してくれる、英語初心者にもプロの方にとってもメリットのある試験なのです。