Posted in 英語に関する資格・試験

英検について

広く受験している

英検とは、英語の能力を計る検定のこと。
年間受験者数は230万人で、小学生から社会人まで幅広く利用しています。
国内最大級の英語検定試験であり、実用英語の力を育てるため、7つの級を設けています。

正式名称は、実用英語技能検定です。
TOEICはビジネス英語を基本としたテストですが、英検はどちらかといえば学生向きなテストです。

中学生や高校生の間には、英検を受験する学生が多いでしょう。
就職で有利な資格という視野を含めると、大学生は英検よりもTOEICを受験する傾向にあります。

基本的には、聞く、話す、読む、書くの4つの技能を計ります。
リスニングから、筆記、スピーキングとあり、年に3回程度実施されています。
英検の検定料は級によって異なるので確認をしておきましょう。

1級から5級まであり、1級と2級には「準」も設けられています。
5級が一番下で、4級までは一次試験しかありません。
3級以上になると二次試験で口頭による試験があります。

英検の特徴に、ダブル受験というものがあります。
実は、二つの級を同日、同じ会場で受験することができるのです。

ダブル受験をする際には、受験するそれぞれの級の申し込みが必要です。
基本として、実際に社会に通用するのは2級以上となります。

2級以上を持っていると、英語力があるとみなされます。
将来、英語力を生かした仕事に就きたいという方は、英検2級以上を受験しましょう。

英検とTOEICどちらを受けるべきか

天秤

TOEFLは留学者向けですが、では将来のために英検もしくはTOECI、どちらを受験しておくと良いのでしょうか。
様々な意見がありますが、英検はTOEICと比べると役に立たないと思われがちです。

TOEICの英語には偏りがあります。
700点から800点台をとっていても、英検準1級を取れない方もいます。

一方で、TOEICを受けるための英語力がまだ身に着いていないという方でも、英検2級はとても受験しやすい試験です。
リスニングもTOEICよりハードではありませんし、読解問題の量も少なく、時間内にすべて回答することが可能。

英検は、TOEICのスコアアップに役立ちます。
なぜならば英検の勉強をしていると、自ずとTOEICの点数は伸びていくのです。
反対に、TOEICの勉強をしていても英検で級が上がることはありません。

合否で決まる英検のほうが、点数で決まるTOEICより難易度が高く、逆に受けていて損はない資格だといえます。
先に英検を受験することを視野に入れておき、後々実力を計るためにも、TOEICの受験を考えておくと良いでしょう。

TOEICと英検を比較

たとえば、TOEICが800点台でも英検準1級を合格できない人がたくさんいます。

900点レベルでかろうじて合格するレベルです。
これは、英検が難しいというわけではありません。

TOEICが800点台なのに英検準1級には合格できないという方は、語彙力が低いことが原因です。
英検では、かなり難しい単語がたくさん出てきます。
それこそ、英字新聞や小説を翻訳して読むくらいのレベルです。

英検準1級に合格したら、TOEIC900点以上を取ることができるでしょう。
これは、単語にも文法にも強い証拠です。

準1級はそれだけ難しいのに、まだ更に上の1級もあります。
日常英会話やビジネスで英語を活用するのであれば、最高でも準1級程度が目標です。

1級を目指すのは自由ですが、相当ハードに勉強し理解しなければ、英検1級取得は難しいでしょう。