Posted in 英語力を付ける方法

洋楽を聞く

歌詞の意味を調べてみる

洋楽を聞くと英語力がアップするというのは、人によってその効果が異なります。
英語力アップに興味のない方がいくら洋楽を聞いても、それはBGMでしかありません。

ですが、英語を学びたい方が洋楽を聞くと頭の中で自然と翻訳できるようになっていき、知らない単語が気になったり、メロディと共に英語が頭に残るのです。

元々洋楽好きな方にも、英語力アップのことだけを考えている方にも、洋楽を聞くことはおすすめです。
人間は音楽を聴くとリラックスできると言われていますし、落ち着いた洋楽曲であれば、リラックスしながら英語を学習することができます。

歌詞の意味を理解するともっと面白いですよね。
和訳して、意味を理解しながらメロディを覚えることで、単語や文法などもしっかりと記憶されます。

英語学習のための洋楽の聞き方

まずは、気になる曲を見つけましょう。
英語学習に最適な洋楽は、単語が聞き取りやすいスローテンポのもの。
ラップやレゲェはいけませんよ。

ヘッドフォン

カントリー系やポップなものがおすすめです。
洋楽のテーマ曲は頭に残りやすいでしょう。
映画やCMで使われているような名曲もおすすめ。

例を挙げるとしたら、「ビートルズ」や「アラジンのテーマソング」など。
誰もが知っているフレーズ、誰もが耳にしたことのある洋楽、がおすすめです。

そして、曲を聞きながら耳を慣らしましょう。
その曲のメロディが頭に残るくらい繰り返し聞きます。

この段階では、意味を理解できていませんが、「メロディを覚えること」が大切です。

メロディを覚えたら、英語の歌詞を読みながら再度曲を聞きます。
歌詞を口ずさみながら歌うと、より覚えやすいです。

一通り覚えたら、歌詞を訳してみましょう。
その日本語訳を見ながら曲を聴くと、すごく楽しくなるはずです。

最初、訳してみると主語が省かれていたり、文法がバラバラだったりと、おかしいと感じることがあると思います。
ですが、知っている単語を並べるだけでも、メロディに合わせて何を言いたいのかが理解できるはずです。

自分なりに訳してみたら、日本語訳を見て答え合わせを。
違ったように訳されていたら、「なぜ?」「どこが間違っていたのか?」としっかり分析します。

最後に、和訳を頭で思い浮かべながら歌うと、その歌手に近づけたと思えるようになります。
自分なりに歌えるようになったら、その洋楽はマスターしたことになります。

この流れを一通り行うと、洋楽を聞きながら楽しく英語学習ができます。
更に意味を理解した後は、どんどん次の曲が聞きたくなり、英語学習のモチベーションアップにもつながります。

注意したいこと

洋楽の英語は、非文法なことが多くバラバラに書かれていて和訳しずらいところがあります。
発音がわざと変則的になっていたり、語順がおかしかったり。
古典語や別の言葉が入っていることも。

どんな曲でも、集中して「何と発音しているのか?」を聴くことが大切です。
また、単語を覚えること、リズムに合わせて覚えることも大切。

洋楽で得られる英語力は、リズムに合わせて覚えるからこそ意味があります。
言葉を並べ立てて覚えるよりも、人は音楽に合わせたり、映像と合わせて覚えたほうが記憶しやすいからです。

集中して繰り返し聞いてください。
そして、意味を理解してそのアーティストが何を伝えたかったのかを知ると、英語学習が楽しいと思えてきますよ。